Win10で画面端にウィンドウを持って行ったときにウィンドウサイズを変更する、スナップ機能をオフにする

Win10になっていました

先月、作業用PC立ち上げたまま寝落ちして、朝起きたらWin10に進化していました。
勝手なことを・・・。

マルチディスプレイの敵、スナップ機能

ともあれ、Win10はそれまでに触ったことがあったのでそのまま利用しているのですが、デフォルト設定で利用していると、マルチディスプレイ環境でウィンドウをディスプレイ間で移動すると、端で引っかかって勝手に最大化しやがります。ウィンドウの位置を変えたいだけなのに・・・。

これは、Win7から搭載されたAero機能の一つスナップ機能です。
面倒なのでオフにします。

キャプチャ
デスクトップで右クリック→個人設定を開き、右上の検索窓に『スナップ』と打ち込んで出てきたスナップ機能の設定をオフにすれば完了です。
かんたんかんたん。

スポンサーリンク