GoogleAppsScriptで、よく使う関数を共通関数としてライブラリ化する

スクリプトの改修を効率化

過去の記事にも追記しましたが、
個人的に作っていたbotスクリプトにサポート切れとなったAPIを使用していたため、
改修する必要が出てきました。

まさかこんな目に合うとは思っていなかったので、
同じようなロジックをコピペで量産していたため、
大量の修正が求められることとなりうんざりしております。

今後、仕様変更が発生しても修正箇所が少なく済むように、
よく使う関数は共通関数としてライブラリ化することにしました。

ライブラリ化手順

ざっくりですが、メモをば。

スクリプトファイルの作成

まず、スクリプトファイルを作成できるようにしておきます。
特に設定していないGoogleドライブでは作成できないので、アプリを追加します。

▼googleドライブで新規→その他→アプリを追加
20150721_1
▼GoogleAppsScriputを検索して接続する
20150721_2
▼GoogleAppsScriputが作成できるようになりました
20150721_3

コーディング・ライブラリ作成

とりあえずGoogleAppsScriptファイルを作成し、コーディングします。
作成後、版数管理を行います。

▼ファイル→版を管理
20150721_4
▼版の情報を記載し、【新しいバージョンを保存】します。
20150721_5
▼ファイル→プロパティの情報タブに、名前をつけます。
 また、プロジェクトキーを控えておきます。
20150721_6
共通関数側はここまでです。

ライブラリ使用

ライブラリを使う側で、手続きを行います。

▼共通関数を使用したいGoogleAppsScriptファイルで
 リソース→ライブラリを選択し、検索欄に、控えておいたプロジェクトキーを入力します。
 入力後、バージョンと識別子を入力します。
20150721_7
▼入力が終われば、使用可能です。
 目的の共通関数を使用する際は、【識別子.関数名】で使用できます。
20150721_8