ChromeでUnityが動作しなくなるらしい

別のブログ記事を作成するためにDMMのサイトを眺めてたら、
影牢のオンラインゲームの特集ページに辿り着きました。

キャプチャ
影牢 トラップガールズ

まぁ、ここで話題にしたいのは影牢の内容ではなく、
その特設ページ内にあった、注意書き。

2015年9月、Google ChromeにてUnityに関連するプラグインのサポートが終了するため、
Google Chromeではゲームをプレイすることができません。
正式サービス開始後、お手数ではございますが、
Google Chrome以外の推奨ブラウザにてゲームをお楽しみくださいませ。

ほう、そうなん?
ということでUnity公式ブログを覗いたところ、

2015年4月14日から配信が開始されたChromeのバージョン42では、NPAPIが無効化されたことによりWebPlayerが起動出来なくなっています。

現在、Chromeを使用していると「Chromeはサポート外です。他のブラウザを使用してください。」というメッセージを表示する対応を行っています。それ以上の対処は技術的にも難しく、Googleが告知している通りChromeバージョン45からWebPlayerの使用は完全に不可能になる見通しです。

Google Chromeで WebPlayer が起動できない件について(Unity Official Blog)
との情報が。

Googleヘルプにも、サポート終了のメッセージが有ります。

以前は多くのプラグインが NPAPI という古いシステムで開発されていましたが、現在 NPAPI プラグインを使用するサイトは少なくなりました。NPAPI プラグインは、ウェブサイトにセキュリティ リスクをもたらす可能性があります。

より安全に、高速に、安定して Chrome でのブラウジングができるように、Google では Chrome バージョン 42 で NPAPI プラグインのサポートを終了することにいたしました。

Chrome バージョン 42 以上で NPAPI プラグインが動作しない(Google)

過去にUnityを動作させているサイトを閲覧したことがありますが、
プラグインを有効にしたり、別途読み込みがかかったり面倒なのですよね。
Unityは色々期待されているエンジンなだけにサポート非対応は残念ですが、
今後もっと良い形で利用されるようになることを期待しています。

影牢は・・・まぁ興味がおありでしたら、どうぞ。

スポンサーリンク