Pebbleのメッセージを日本語化

非公式の日本語化パック

スマートウォッチとしてはAppleWatchの先輩にあたるPebble。
最近はカラーe-paperを採用したPebbleTimeもリリースされ、順調な模様。

そんなPebbleですが、まだ正式に日本語に対応していないので、
スマートフォンに日本語の通知が飛んでくると、文字化けしてしまいます。
(通称:豆腐)
DSC_0001 (1)

流石にこれではちょっと・・・ということで、
非公式の日本語化パックを導入することにしました。

Pebble 日本語言語パック

導入方法は簡単で、上記サイトから、手順に従って導入するだけです。
特に詰まる点も無いと思いますが、
Android版ChromeでDLしようとした時に、txt形式のファイルが落ちてくることがありました。
日本語化パックの拡張子はpbl形式ですので、お間違えなく。

DSC_0008 (1)
これで日本語化完了。快適です。
幾つか日本語を表示させてみましたが・・・
一部の記号はまだ文字化けしている感じですが、
メールなどで使われている漢字でサポートされていない文字は無さそうです。
通常使用には問題ないかと。

上記サイト曰く、

18pt, 24ptフォントにTwitterの出現漢字TOP5000文字、28ptフォントにTOP4000文字サポート

らしいです。
現時点でPebbleに安定して導入できるサイズとしてはギリギリらしいので、
これ以上のモノを求めるならば、公式対応を待つ必要がありそうです。